屋根塗装

カラートタン(金属屋根)、化粧スレート(カラーベスト)、乾式コンクリート瓦、プレスセメント瓦、陶器瓦等

屋根塗装は屋根材の種類によって塗料が異なります。
屋根材の種類別に、塗装のポイントと適応塗料をご紹介します。
屋根材の種類別に、塗装の施工例を参考にして下さい。

施工前のポイント

・塗装前に隣ご近所に塗料その他の飛散の迷惑がかからないかのチェック
・塗装足場が必要かどうかのチェック(外壁塗装と並行して施工する場合、屋根の傾斜が3~4寸勾配以下の場合は不要)
・屋根材の劣化具合の調査により塗装か葺き替えが必要かの判断が必要
・板金工事、瓦の破損による取替の有無、漆喰(しっくい)工事は必要か?
・屋根材の劣化具合により塗料の選別と工程のチェック

カラーベスト屋根塗り替リフォーム

仕様
日本ペイントファインUVベスト3回塗り高耐候形(紫外線熱耐用)
日本ペイントファインUVベスト3回塗り高耐候形

仕様
日本ペイントファインシリコンベスト3回塗り(高耐候形)
カラーベスト屋根

仕様
遮熱塗料 日本ペイントサーモアイ(室内温度-3℃の効果)
遮熱塗料 日本ペイントサーモアイ(室内温度-3℃の効果)

木造2階建 急勾配カラーベスト屋根
(ファインシリコンベスト3回塗仕上=クリヤーシーラー+上塗2回)
木造2階建て急勾配カラーベスト屋根

金属屋根及び鉄部塗り替リフォーム

金属屋根塗装は形状により、塗装面積係数は1.15倍~1.72倍まであります。
平面積×係数=塗装実数面積となります。(勾配は別途加算)

注※銅板の屋根、水切等は材料の収縮と塗料との密着性が悪い為、塗り替は避けてください。
新しく葺替えをおすすめします。

塗装仕様は従来の鉄部に準じ、下地錆落し(ケレン)+下地高圧水洗浄+下塗錆止+中塗+上塗(仕上)となり、各塗装仕様材料により耐久性が異なります。
枚方市楠葉

※ハウスメーカー角波折板屋根 
ファインルーフU カラートタン専用塗料
大阪市平野区K様邸

※瓦棒屋根
大阪交野市M様邸

その他の屋根材の塗装リフォーム

乾式コンクリート瓦(モニエル・厚型スレート・薄型化粧スレート・プレスセメント瓦)

オルエンタル塗料 マイティーシリコン樹脂仕様

雨漏れ寸前の状態で下地の補修、瓦、棟の積み替、シーリング等の塗装する迄の作業に力を入れました。
築15年位になりますが足場工事が終わる迄にわかりませんでした。
外壁塗装の予定に合わせ追加工事となりました。
放っておくと台風・大雨時に大被害になるところでした。
乾式コンクリート瓦

オリエンタル塗料 マイティーシリコン使用

枚方市N様邸 薄型化粧スレート瓦

屋根塗装 施工事例

枚方市 マンションS 屋根工事
カラーベスト屋根塗装(シリコン仕上げ)
枚方市 S邸
屋根塗膜が劣化の為、下地の高圧洗浄でほとんどハクリしましたが仕上がりが新品になりました。
枚方市 A様邸(85坪)
屋根塗装は、室内温度が3℃前後下がる遮熱型低汚染型を使用。
屋根瓦補修塗装
築15年位になりますが2階に上がる迄分かりませんでした 。 こんな状態でも雨もれはありませんでしたが…ビックリしました。
ページトップへ